夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

075 カペエペエカウイラ (カナの岩):(18) 最後はカナの勝利

(前回からの続き)

2度目の戦いの準備は万全

こうしてカナは遂に、太くたくましい体になりました(*1)。

そこで彼はもう一度、カペエペエカウイラと戦うために準備をしました。

 

f:id:o_hanashi:20220407135615j:plain

 

食料はワイピオ渓谷から大量に取り寄せました。

準備が整(ととの)うと彼らは再びカヌーに乗り込み、やがてモロカイ島のハウプに戻って来ました。

 

ところで祖母のウリは、カナにあらかじめこう命じていました。

「まず始めに、ハウプにあるカマニの木の枝を全部、跡形もなく取っ払っちまうんだよ。」

 

頑強なカナがハウプに姿を現す

いよいよカナがハウプに姿を現しました。

 

そして前の時と同じように、再び上に向かって伸び始めました。

彼はどんどん伸び続け、やがて断崖絶壁を見下ろすようにそそり立ちました。

 

カペエペエカウイラの敗北
これを見たカペエペエカウイラは、またカマニの木の枝を切り落とそうと急ぎました。

そうすれば前と同じように、断崖絶壁が高くなる、と思ったからです。

 

ところがです、見て下さい。

無いのです、枝が1本残らず消えてしまったのです!

 

もうこれで一巻の終わりでした。

カペエペエカウイラが遂に敗北したのです。

 

今に残る 「カナの岩」 

勝ち誇ったカナは、彼の姉妹であるモイを取り返しました。

可愛そうなハカラニレオには、彼の妻であるヒナを取り戻してあげました。

 

それからカナは、ハウプの断崖絶壁をばらばらに破壊しました。

残骸(ざんがい)の大部分は、海の中に蹴落(けお)とされました。

 

f:id:o_hanashi:20220407135719j:plain

 

今でもそこには、幾つもの岩塊がそびえ立っています。

そして人々はこれを、 「カナの岩」と呼んでいます。

(終わり)

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅷ. Kapeepeekauila; or, The Rock of Kana. Rev. A.O. Forbes, p.63-73.