夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

100 カハラオプナ:(25) カウヒらはイムで焼かれる

(前回からの続き)

カウヒらがイムで焼かれる

2つの大きなイム(地下オーブン)が、若者の従者たちの手で、加熱され続けていました(*1)(N.1)。

というのは、カウヒと若者のいずれか一方が死刑になる、と予想されたからです。

 

 

そして実際に、カウヒと2人のトラブル・メーカー(あの醜い2人)が、そのイムの中で焼かれました。

さらに、首長の後を追って殉死(じゅんし)したいと願った、家臣や召使いたちも焼かれました。

 

カウヒを見捨てカハラオプナに仕える

一方、カウヒの家臣たちのより多くは、ご主人の行為に激怒しました。

愛らしく若い女性(カハラオプナ)に、余りにも酷(むご)い仕打ちをしたからです。

 

そこで彼らはカウヒを見捨てて、彼女に忠誠を誓うようになりました。

カウヒの罪を幾らかでも償(つぐな)うために、彼ら自身が彼女の家臣になりたいと、申し出たのでした。

 

何故なら彼らの残虐な首長のせいで、彼女は不当な苦しみに襲われながらも、耐えしのいだのですから。

 

カハラオプナは若者の花嫁に

王は、彼女がその若者の花嫁になることを、正式に許可しました。

 

なぜならば、若者は彼女を救ったばかりでなく、彼女が受けた理不尽な残虐行為に対して、ありとあらゆる手段で仕返しをしたのですから。

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) イム(地下オーブン) (imu(ground oven)):

イムとは地下オーブンのことで、地面に穴を掘って、その底に加熱した石を敷いて作ります。

かつてのハワイでは、大量の食物を素早くかつ効率良く料理するのに、最も容易な方法でした。

また、神に捧げられ生贄(いけにえ)となる人間も、イムで焼かれました。

このお話では、罪人を処刑するためにイムが使われています。

大きな穴を掘るだけでなく、その中に入れる加熱用の焼石も数多く必要なため、準備にも長時間を要します。

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.

 

 

099 カハラオプナ:(24) 王の裁き

(前回からの続き)

王の裁(さば)きが始まる

いよいよ王は、その女性(カハラオプナ)とカウヒに、次の事につき説明するよう命じました(*1)。

 

・2人の間に起きた全ての出来事。

・乙女(カハラオプナ)が死んだと言う噂。

 

そこで2人は、各々自分の言い分を語りました。

 

その中でカウヒは、自分が怒り狂ったのは、あの醜い2人の話しを聞いたからだ、と主張しました。

そうです、あのクマウナとケアワアの自信たっぷりの話しのことでです。

 

一方、当の2人はその女性を目の前にして、今まで一度も会ったことが無いと認めました。

さらに、彼らの言葉はどれもこれも、根も葉も無い法螺(ほら)だった、と白状したのでした。

 

3人が死刑を命じられる

そこで王はこう言いました。

 

「お前たちの戯(たわむ)れが、この罪の無い女性をどれほど苦しめたことか!

わしの意志により、お前たち2人とカウヒは直ちに死刑とする、これは正義に関わる問題だ。

 

そして、もしもお前たちの守護神の力が絶大で、お前たちを復活させ得るならば、

お前たちにとっては、益々ありがたいことだ。」

 

(次回に続く)

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.

 

 

098 カハラオプナ:(23) 彼女はアカアカの孫娘

(前回からの続き)

アカアカが予言者を誘う

するとアカアカは予言者カエアに、こう言いました(*1)。

 

「水瓶(みずがめ)の中を覗(のぞ)いてご覧なさい。

きっとその霊たちがいますよ(N.1)。」

 

予言者の霊を捕える

予言者はその謎解(なぞと)きにすっかりとり憑(つ)かれ、いつもの警戒心を無くしていました。

 

彼は水瓶を持って来るように命じました。

そして瓶の中を覗き込むと、見えたのは水面に映った彼自身の姿だけでした。

 

 

と、その瞬間、アカアカはその水面の予言者を捕えました。

その水面の予言者こそが、彼の霊だったのでした。

 

アカアカはその霊を両掌(てのひら)ではさむと、粉々に砕きました(N.1)。

するとその瞬間、予言者はぱったり倒れて、死んでしまいました。

 

カハラオプナはアカアカの孫娘

アカアカは、ここぞとばかりに後ろを振り向くと、両手を大きく広げてカハラオプナを抱き締めました。

こうして彼は、彼女は偽者などではなく、彼自身が愛する本物の孫娘である、と認めたのでした。

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) 水瓶(calabash of water), 霊(spirit), 両掌(palms):

水瓶、霊、および両掌は、いずれも ポイ・ウハネ(霊を捕える) に関連した語です。

ポイ・ウハネは、人の体内から抜け出して彷徨(さまよ)う霊を捕える、と言われています(*2)。

そしてその霊を、水瓶の中に閉じ込めたり、手で握りつぶしたり、さらには食べてしまったりします。

こうして霊が失われると、その人の体自身も死んでしまいます。

本文ではアカアカがポイ・ウハネの役割を演じ、水瓶中の予言者の霊を両掌で砕いて、予言者自身を死に追いやります。

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.

(*2) J. S. Emerson(1917): Selections from a Kahuna's Book of Prayers, 26th Annual Report of the Hawaiian Historical Society, p.19.

 

 

097 カハラオプナ:(22) カハラオプナは霊ではない

(前回からの続き)

予言者のテストを王が許可する

王のお許しが出て、このテストが行われました。

 

王は最高位の首長たちを周囲に控えさせて、これに立ち会いました。

また、このテストを一目見ようと、数え切れない程の人々が、島の隅々から集まりました。

 

カハラオプナの一行がテストを知る

カハラオプナの一行が、テストの現場に向かっている時のことでした。

 

守護神たちが、あの「アぺの葉テスト」の情報を彼女に伝え、こう忠告しました。

「それらの葉を、思いっきり強く踏みつけて、引き裂くのです。」

 

と言うのは彼女たちは霊なので、葉の上に座っても、恐らく引き裂くことは出来なかったでしょう。

 

ですから、もしも誰かが守護神たちに注意を向けたら、それはもう大変だったでしょう。

彼女らは霊であることが見破られて、ポエ・ポイ・ウハネ(霊を捕える者)に殺されたでしょう(N.1)。

 

彼女は人間だ、だが霊の気配がする

さてその若い女性カハラオプナは、テストで求められたことを忠実に実行しました。

 

カエアは、テストで引き裂かれた葉を見て、こう言いました。

「彼女は明らかに人間だ。

 

だが、霊たちがいる気配もあるので、その警戒を続けよう。

霊たちはその女性と、きっと何かでつながっているから。」

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) ポエ・ポイ・ウハネ(poe po-i uhane):  

ポエ・ポイ・ウハネ は 3つの語から合成されたハワイ語で、各々、 po'e = 人々、po'i = 両掌(てのひら)で捕える、'uhane = 霊、を意味します。

従って、ポエ・ポイ・ウハネとは 「霊を捕える人 」を意味するハワイ語で、この語を英語表記すると "spirit catchers"となります。なお最初のポエを省略した、ポイ・ウハネ(po'i 'uhane) 、も同じ意味の語です。

かつてのハワイではこのポイ・ウハネは、霊を見ることが出来る上に、両手で捕えることも出来るとされていました(*2)。

 

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.

(*2) M.K.Pukui et al.(1979) : Look to the source, Vol. I, Queen Lili'uokalani Children's Center, p.194.

 

 

096 カハラオプナ:(21) 裁判に向けて

(前回からの続き)

カハラオプナの一行がワイキキに向かう

約束の日、カハラオプナはワイキキに向かいました(*1)。

彼女に付き添ったのは、両親、親族、召使い、そして守護神2人でした。

 

守護神たちは、その日は人間の姿をしていました。

カハラオプナに同行して、彼女が困った時には助言するためです。

 

アカアカは、彼女のお祖父(じい)さんです。


2人の若者が対立し始める少し前から、彼はワイキキに住んでいました。

そして間もなく始まる審理に際して、裁判官の1人に任名されました。

 

彼女の霊を恐れるカウヒ

カウヒは、彼の一族の神官や魔術師たちに、助言を求めていました。

「あの殺された女性が私に危害を加えようとして、人間の姿をしてこの世に現れることはあるのか?」

 

カエアは、カウヒの一族の有名な神官で予言者でした。

彼はカウヒに応えてこう告げました。

 

「大きく広がったアぺの葉を持って行き、その上にカハラオプナと彼女の一行を座らせるのです(N.1)。

もしも彼女が霊ならば、アぺの葉の上に座っても、それを裂くことは出来ないでしょう。

 

しかし、もしも人間ならば、その一枚の葉は、いや何枚か重ねた葉でも、裂けてしまうでしょう。」

 

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) アペ(a-pe):

アぺ('ape)は、その別名ジャイアント・タロ(giant taro)が示すように、かつてハワイの主食 だったタロ(taro)を大きくしたような植物です。

しかし食料としては非常時を除いて利用されず、タロの方がはるかに好まれました。

一方、ハート形をした葉の大きさは、長さ60~120cm、幅60cmにも達します。

突然スコールなどに襲われた時には、傘としても使えそうな大きさです。

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.

 

 

095 カハラオプナ:(20) カウヒの挑戦

(前回からの続き)

命を賭けたカウヒの挑戦

3日目の夜、第3番目の歌が歌われました(*1)。

そして若い男2人の口論がひどく過激になる中で、カウヒは若者にこう言い放ちました。

 

「お前が知っているカハラオプナは、偽者(にせもの)に決まってる!

本物は、俺が知っている限り、確かに死んだのだ!」

 

彼は大胆にも、さらにこう言って、若者に挑んだのでした。

 

「それなら、その若い女性をここに連れて来い!

--そうだ、お前がカハラオプナだと言い張っている、その女性だ。

 

そして、もしもその女性が本物だと証明出来なかったら、お前の命は無いと思え!

 

その代わり、万一それが本物だったら、『カウヒは嘘(うそ)つきだ!』と 広く世間に公表しよう。

そして、お前を侮辱した罪の償(つぐな)いとして、俺の命をやろう。」

 

若者が受けて立ち、王を巻き込む

これはまさに、若者が狙(ねら)っていた筋書き、そのものでした。

そこで若者はすぐさま、このカウヒの挑戦を受けて立ちました。

 

そして居並ぶ王と首長たちに、こう申し立てたのでした(N.1)。

 

「どうか2人が約束した内容にご注目下さい。

そして、これらの約束が守られるよう、お見届け下さい。」

 

(ノート)
(N.1) 王(King)と首長(Chief):

ハワイ諸島が一つの国に統一される前は、各島毎に統治者である王(King)がいました。

王の下には首長(chief))たちがいました。彼らは、厳格な階級社会の最上層である、支配者階級の構成員でした。

"chief"の中にも色々な階級があり、このお話でも"chief", "high chief", "highest chief"などの語が出てきます。

(次回に続く)

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅺ. Kahalaopuna, Princess of Manoa. Mrs. E.M. Nakuina, p.118-132.