夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

071 カペエペエカウイラ (カナの岩):(14) ヒナを連れ出す

(前回からの続き)

母ヒナが住む家に押し入る

3回目の挑戦で、ニヘウはようやく上陸に成功しました。

そして、そのままハウプの頂上まで登りました。

 

f:id:o_hanashi:20220324135015j:plain

 

ヒナが住んでいる家ハレフキに着くと、彼はすぐさま中に入りました。

 

「お前、なぜ入ったんだ? このドアは立入禁止だぞ。」 と問われて、彼はこう答えました。

 

「何故って、あんたさ。あんたがこのドアから入るのを見たからさ。

もしあんたがどこか他から入っていりゃあ、ワシだってこのドアから入らなかったさ。」

 

ニヘウがヒナを連れ出す

これは一体、 何としたことでしょう!

カペエペエカウイラとヒナが、目の前に座って居るではありませんか!

 

ニヘイはいきなりヒナの手をつかむと、こう言いました。

「どうか、私ら2人を行かせて下さい。」

 

そして彼女は立ち上がり、2人は出て行ったのでした。

 

今こそ戦う時ですよ!

彼らが断崖の崖っぷちに向けて進み、あと半分ほどという時、カペエペエカウイラは大声で叫びました。

「これは一体どうしたことだ? あの女性ヒナは行ってしまったのか?」

 

すると、カナの姉妹のモイが、答えて言いました。

 

「もしもあの女性に居て欲しいなら、まさに今がその時です。

さあ、あなたと私で戦うのです。」

(次回に続く)

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅷ. Kapeepeekauila; or, The Rock of Kana. Rev. A.O. Forbes, p.63-73.