夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

067 カペエペエカウイラ (カナの岩):(10) 暗礁そして水の壁

(前回からの続き)

暗礁に乗り上げる

彼らは先へ先へと進み続けましたが、やがて硬い暗礁に乗り上げ、

カヌーが座礁してしまいました(*1)。

 

するとニヘウが大声で呼びました。

 

「見ろ! あー、あんた眠ってるのか、カナ。

その間に、ワシらみんな溺れ死んじまうぞ。」

 

それに答えて、カナが言います。

 

「 一体、何があるって言うんだ、 ワシらが溺れ死ぬって?

こりゃー、ハウプ湾の暗礁じゃないか?(N.1)

 

f:id:o_hanashi:20220312104629j:plain

 

離れるんだ! 暗礁、岩塊、それに海底の深い溝に近づくんじゃないぞ。

さあニヘウよ、おまえの杖『ワカイラニ』で、殴り飛ばすんだ(N.2)。」

 

魔法の杖『ワカイラニ』の威力

ニヘウが彼の杖で暗礁に殴りかかると、岩はバラバラに砕けてしまいました。

今やカヌーは暗礁から脱出し、自由に動けるようになったのです。

 

こうして彼らは、再び目的地を目指して進み始めました。

 

恐ろしい水の壁に襲われる

ところが、見張り番をしていたニヘウが、また大声で叫びました。

「あんた、なぜ眠ってるんだ?  あー、カナよ。

 

ワシらまた、ここで死んじまうぞ。

あんた眠るのが好きだな。ずーっと顔を見なかったぞ!」

 

「なぜ死んじまうんだ?」 と カナが言いました。

 

「見ろ。」とニヘウが答えました。

「恐ろしい水の壁だ。

 

f:id:o_hanashi:20220312104800j:plain

 

もしもワシらが突っ切ろうとすれば、頭の上から水の塊が崩れ落ちて来るぜ。

そうなりゃー、ワシら皆殺しにされちまうぜ。」

 

するとカナが言いました。

「よく見るんだ。あのハウプの暗礁は、もうワシらのはるか後ろだ。

 

暗礁はワシらをぶっ殺そうとしたが、ワシらはそれを通り抜けたんだ。

ワシらの行く手を阻(はば)む殺人鬼どもは、お前の杖で殴り飛ばしてやれ。」

 

魔法の杖が水の壁を割る

そこでニヘイが水の壁に殴りかかると、何と、その壁は真っニつに割れました。

そしてカヌーは無事、そこを通り抜けたのでした。

 

こうして彼らは再び、前と同じように進み始めました。

(次回に続く)

 

(ノート)  

(N.1) ハウプ(Haupu):

ハウプ湾とは、ハウプ岬の前に広がる湾の名称です。そしてハウプ岬の頂上には、カナとニヘウがこれから戦いを挑(いど)む相手、カペエペエカウイラが住んでいます。

(N.2) ワカイラニ(Waka-i-lani):

ワカイラニはニヘウが持っている特別な「杖」の名称(ハワイ語名)です。Hawaiian Legends Indexでは、ワカイラニにカッコ書きで英語を付し "Wakailani (Magic Rod)" としています(*2)。すなわち、ワカイラニは「 魔法の杖」です。

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅷ. Kapeepeekauila; or, The Rock of Kana. Rev. A.O. Forbes, p.63-73.

(*2) Hawaiʻi State Library(2010): Hawaiian Legends Index. 2010 ed.