夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

065 カペエペエカウイラ (カナの岩):(8) カナを味方につける

(前回からの続き)

体を温めてから話して下さい

それから、カナはこの老人(ハカラニレオ)に言いました(*1)。

 

「さあ、まずはこの火で、あなたの体を乾かしなさい。

そして暖まったら、あなたの身に何が起きたのか話して下さい。」

 

老人は言われた通りにしました。

十分に暖まると、彼を襲った悲痛な出来事について、カナに語りました。

 

カナが奮(ふる)い立つ

それを聞いてカナが言いました。

 

「ワシの人生のほとんどは、もう終わってしまった。

今はもう、ただ死を待っているだけだ。

 

ところが、そのワシがだ、ほら見てくれ!

遂に、天下無双のワシに相応(ふさわ)しい、強敵を見つけたぞ。」

 

カナは即座にハカラニレオの言い分を認め、彼に加勢することにしました。

 

ニヘウのカヌー造り

そこで長い舟旅に備えてカヌーを造るよう、弟のニヘウに命じました。

ニヘウは辛い作業に懸命に取り組みましたが、可愛そうなことに、上手く行きませんでした。

 

やけになった彼は、カナを怒鳴りつけ激しく非難しました。

 

「あんたがワシに命じた作業は、「仕事」なんて呼べる代物(しろもの)じゃあねえ。

そいつはもう、奴隷をこき使うような、過酷な苦役だ!

 

あんたはそこの隠居所で、のんびり暮らしてるが、

ワシが汗水流して造ったカヌーを、その足で壊してるんだぞ。」

(次回に続く)

 

f:id:o_hanashi:20220304103048j:plain

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅷ. Kapeepeekauila; or, The Rock of Kana. Rev. A.O. Forbes, p.63-73.