夢の国ハワイの昔話

ハワイには長く口承されてきた昔話があります。ここでは、それらを少しずつご紹介していきます。

064 カペエペエカウイラ (カナの岩):(7) カナを訪ねる

(前回からの続き)

ハカラニレオがやって来る

と言うことで、彼ら2人は出かけました(*1)。

 

f:id:o_hanashi:20220228103126j:plain

 

しかし、ニヘウは父の先に進み出ると、そのままどんどん走り続けました。

そして、ウリが育てた男・カナに、こう伝えました(N.1)。

f:id:o_hanashi:20220228103304j:plain

 

「見て! あそこにハカラニレオがやって来るよ。妻を奪(と)られたんだ。

ワシらはもう、みんなヘトヘトだ。」

 

「彼はどこだ?」 と、カナが尋ねました。

「ほら、そこだよ。ちょうど今、着いた所だ。」

 

恐ろしい目に後ずさりする

カナは視線を上げ、じっと家の外を見つめました。

その激しく燃え上がる目に、ハカラニレオは怯(おび)え、後ずさりしました。

 

そこでニヘウが言いました。

「ワシらの父親を睨(にら)みつける前に、なぜ少し待てなかったんだ?

 

ほら見なよ! あんたは彼を驚かせちまったんだ。

だから彼は後ずさりしたじゃないか。」

 

大粒の涙が降り注ぐ

そこでカナは家の中にいながら、自分の手を彼の前まで差し伸べました。

そして老人から離れたまま、しっかりと彼を捕えて手元に引き寄せ、膝の上に座らせました。

 

それからカナは、涙を流して泣いたのでした。

すると生意気にも、ニヘウがこう言いました。

 

「今、あんたは泣いてるけど、 その老人にも気を遣ってやれよ。

でないと、ずぶぬれになっちまうぜ。」

 

しかしカナは、ニヘウにこう命じました。

「ぐずぐずせずに、さあ、火を灯(とも)すんだ。」

 

と言うのはカナの涙は大粒で、ちょうど平原を水浸(みずびた)しにする、冬の雨のようだったからです。

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) ウリが育てた男・カナ(Kana, the foster son of Uli):

カナはニヘウの兄ですから、2人の両親は同じで、父がハカラニレオで母はヒナです。

しかしカナを育てたのは彼の祖母ウリでした。この祖母の名ウリは、人を呪い殺す恐ろしい女神を象徴するものです(*2)。

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, Ⅷ. Kapeepeekauila; or, The Rock of Kana. Rev. A.O. Forbes, p.63-73.

(*2) A. Fornander and T.G. Thrum(1916-1917): Fornander collection of Hawaiian antiquities and folk-lore. Memoirs of the Bernice Pauahi Bishop Museum Volume IV, PART Ⅲ. Legend of Kana and Niheu, p.36