お話しおじさん

古典的なお話しをご紹介しましょう。

007 モケ・マヌさんが語る:(1) たった一晩で完成だ (N.1)

素晴らしい人たち

メネフネは素晴らしい人たちだ、と思われていました(*1)。

彼らは背が低くて、非常に行動力があります。

どんな仕事を頼まれても、彼らはいつも一致団結して取り組みます。

 

たった一晩で完成だ

また、メネフネには独特のルールがあります。すなわち、

どんな仕事でも一旦引き請けたら、ひと晩で完成させるのです。

もしも出来なかったら、未完成のまま放置されます。

彼らがその同じ仕事を再開することは、2度と無いのです。

 

このことを指して、人々はこう言うようになりました。

「ヘ ポ ホオカヒ, ア アオ ウア パウ(N.2),」

--- たった一晩で、そう、夜明けまでには完成だ。

 

ハワイ諸島の「最初の住民」

メネフネの歴史については、信頼できるものがありません。

誰一人として、彼らがどこから来たかを、知らないのです。

しかし伝承によると、彼らはハワイ諸島の 「最初の住民」 なのです(N.3)。

(次回に続く)

 

(ノート)

(N.1) モケ・マヌさんが語る(Moke Manu's Account ):

「第Ⅹ章 メネフネのお話し集」 の始めの2つは解説文で、1番目が 「1. ハワイはブラウニーの故郷」でした。

ここからは解説文の2番目、 「2. モケ・マヌさんが語る」 です。語り部のモケ・マヌ さん(1837年生まれ) がハワイ語で語り、スラムさんが英語の文章にしました。

(N.2) ヘ ポ ホオカヒ, ア アオ ウア パウ(He po hookahi, a ao ua pau):

これは、メネフネの仕事の特徴を表す大切なハワイ語です。ご参考までに、ハワイ語の単語毎に対応する英単語を括弧内に付記すると、次の通りです。

He(A) po(night) hookahi(only one), a(until) ao(dawn) ua(become) pau(completed).

(N.3) 最初の住民(original people):

ハワイ諸島はもともと無人島でしたが、ある時期に、西から移動してきたポリネシア人が、移り住み始めました。初めはマルケサス(Marquesas)諸島から、その後、タヒチからの移住が本格化したとも言われます。

f:id:o_hanashi:20210213100130j:plain

しかし、この語り部モケ・マヌさんの話しでは、メネフネこそがハワイ諸島の「最初の住民」です。マルケサスやタヒチから人々がやって来る前から、ハワイ諸島にはメネフネが住んでいたのです。

 

(注記)

(*1) T.G.Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, X. Stories of the Menehunes, Moke Manu's Account Thos. G. Thrum, p.109-110.