お話しおじさん

古典的なお話しをご紹介しましょう。

006 ハワイはブラウニーの故郷:(4) メネフネはポリネシア人の祖先?

(前回からの続き)

メネフネはポリネシア人の祖先?

ハワイには「クムホヌア」という伝説があります(N.1)(*1)。

フォルナンダーは、「この伝説の中で、ポリネシア人は選ばれた民だった」 と主張し、こう続けています(N.2)(*2)。

f:id:o_hanashi:20210206182203j:plain

ポリネシア人はメネフネの子孫であり、

そのメネフネはルア・ヌウの息子である(N.3)。-- 以下略 --

メネフネという名の国は、はるか昔に姿を消してしまった。

そのために、後から生まれた色々な伝説が、メネフネという語を不名誉なものに変えてしまった。

すなわち、それらの伝説の中でのメネフネは、ある時は独立した一つの種族として描かれた。

しかし、またある時はドワーフの一種族とされ、腕の立つ職人だが悪賢く抜け目ない小人として描かれた。」

 

f:id:o_hanashi:20210206183230j:plain

 

メネフネ伝説の真相に迫る

それではここで、次章以下にご紹介するお話しの記述方法と、お話しの選び方について、ご説明しましょう。

次章をまとめるに当たり、初めにお話しに関する情報を、様々なハワイのネイティブから収集しました。

続いて、選ばれたお話を、英語で表現する作業に入りました。

そこでは、出来る限りネイティブの言葉に忠実な表現になるよう、翻訳者たちは常に注意し続けました。

こうすることで、ネイティブの考え方や特徴がより明確に表れ、読者が真相を捕え易(やす)くなるからです。

 

(終わり)

 

(ノート)

(N.1) クムホヌアの伝説(The Kumuhonua Legends):

「クムホヌアの伝説」の、クヌホムアとは「地上に最初に生まれた人」 を意味します。

この伝説の内容は、フォルナンダーらが聖書に倣って創作したものであることが、後日、明らかにされました。

(N.2)フォルナンダー(A.Fornander:1812-87):

フォルナンダーはスウェーデンに生まれてハワイに移住し、民俗学者・ジャーナリスト・裁判官として活躍したハワイの著名人です。

(N.3) ルア・ヌウ(Lua Nuu):

ルア・ヌウと言う名前は、「ヌウ(Nu'u)のⅡ世」 であることを示しています。

ヌウはクムホヌアから13代後で、聖書の中で大洪水時代に生きたノアに相当する人です。

このヌウから10代後で、聖書のアブラハムに相当するのが、ルア・ヌウです。

 

(注記)

(*1) Thomas G. Thrum(1907): Hawaiian Folk Tales, X.Stories of the Menehunes, p.107-109.

(*2) Abraham Fornander(1878): An account of Polynesan Race, Its Origin and Migrations, Vol.Ⅰ, p.55.